個人情報の保護
について

▶TOPページ▶個人情報の保護について

個人情報の保護について(プライバシーポリシー)

札幌市民共済生活協同組合(以下、「当組合」という。)は、組合員の個人情報保護を適正に取り扱うことを宣言いたします

  • ⑴法令等の遵守
    当組合は、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関連法令及び関係官庁のガイドラインなどを遵守します。
  • ⑵職員教育
    当組合は、個人情報の取扱いが適正に行われるよう職員への教育・指導を徹底します。
  • ⑶個人情報の利用目的
    当組合は、共済事業と保険代理業を営んでおり、共済事業を通じて取得した個人情報と各保険募集業務の委託を受けて取得した個人情報を下記業務の遂行に必要な範囲内で利用します。また、当組合は複数の保険会社と取引があり、取得した個人情報を取引のある他の保険会社の商品・サービスをご提案するために利用させていただくことがあります。 なお、その他の目的に利用することはありません。
    ・共済事業及びこれらに付帯・関連するサービスの提供
    ・損害保険及びこれらに付帯・関連するサービスの提供等の保険会社の業務
    上記の利用目的を変更する場合には、相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲においてのみ行い、その内容をご本人に対し、 原則として書面等により通知し、または当組合のホームページにより公表します。当組合に対し保険募集業務の委託を行う保険会社の 利用目的は、それぞれの会社のホームページ(下記)に記載してあります。
    ■損害保険ジャパン日本興亜株式会社(HPアドレス:www.sjnk.co.jp)
    ■共栄火災海上保険株式会社(HPアドレス:www.kyoeikasai.co.jp)
  • ⑷個人情報の取得
    当組合は、業務上必要な範囲で、かつ、適法で公正な手段により個人情報を取得します。
  • ⑸個人データの安全管理措置
    当組合は、取り扱う個人データの漏えい・滅失またはき損の防止その他の個人データの安全管理のため、安全管理に関する取扱規定等 及び実施体制の整備など、十分なセキュリティ対策を講じるとともに、利用目的の達成に必要とされる正確性・最新性を確保するために適切な措置を講じています。
  • ⑹個人データの第三者への提供
    当組合は、個人データを第三者に提供するにあたり、以下の場合を除き、ご本人の同意なく第三者に個人データを提供しません。
  • ①法令に基づく場合
  • ②人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  • ③公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  • ④国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  • ⑺センシティブ情報の取扱い
    当組合は、組合員の方の要配慮個人情報ならびにセンシティブ情報については、組合員の同意に基づき業務上、必要な範囲で利用するなど、業務の適切な運営を確保その他必要と認められる場合に利用目的が限定されています。これらの利用目的以外には取得、利用または第三者へ提供しません。
  • ⑻見直し、改善
    当組合の個人情報の取扱い及び安全管理に係る適切な措置については適宜見直し、改善いたします。
  • ⑼お問い合わせ・ご相談・苦情へのご対応
    当組合は、個人情報の取扱いに関する苦情・ご相談に迅速にご対応いたします。ご連絡先は下記のお問い合わせ窓口となります。 また保険事故に関するご照会については下記お問い合わせ窓口のほか、保険証券に記載の事故相談窓口にもお問い合わせいただくことが できます。なお、ご照会者がご本人であることをご確認させていただいたうえで、対応させていただきますので、あらかじめご了承願い ます。

  • ■お問い合わせ窓口
    (名  称) 札幌市民共済生活協同組合
    (所 在 地) 札幌市中央区南4条西10丁目 札幌市消防局庁舎内
    (電  話)  011-215-2270  (HPアドレス) http//www.s-kyosai.or.jp/ 

▲このページの先頭へ