再取得価額特約
について

▶TOPページ▶再取得価額特約について

再取得価額特約について

火災等により生じた損害に対して、建物や家財の古い新しいに関係なく、ご契約額を限度として、同程度のものを再築・再取得するために必要な共済金をお支払いする特約です。
当組合の火災共済では、「加入基準額」(※)の70%以上でご契約いただくと、自動的に付帯されます。

※加入基準額…建物は、1坪(3.3㎡)あたり60万円(併用住宅の場合は50万円)、家財は家族数により算定します。


再取得価額特約について

  • 2,000万円の家を購入したAさんとBさん。
    Aさんは2,000万円、Bさんは1,000万円の火災共済に加入しました。
  • 1
  • ところが、不幸にもAさんの家もBさんの家も火災に遭い、1,000万円の損害が出てしまいました。
  • 2
  • 再取得価額特約が付帯されていたAさんは損害額の1,000万円の共済金を受け取ることができました。
    しかし、再取得価額特約が付帯されていなかったBさんは714万円しか受け取れませんでした。
  • 2
  • 再取得価額特約が付帯されていないと、共済金は次のような計算式により支払われBさんのように損害額全額が保障されません。

    ですから、加入基準額いっぱいでご加入いただくことをお勧めします。 万が一に備え、ぜひ、この機会に契約内容の確認・見直しをお勧めします。

▲このページの先頭へ